緑のダム北相模とは>活動経緯

 NPO法人「緑のダム北相模」は、神奈川県相模原市緑区相模湖周辺の民有林等の森林の間伐、枝打ち、下草刈等の整備森林をしている、森林ボランティアグループです。森林整備の他、間伐材の活用、ガーデニングなどの幅広い活動を行っています。

 1998年の8月に有志が集まって活動を開始、NPO・森つくりフォーラムの技術指導を得ながら毎月1回の定例活動を重ねてきました。2000年4月からは、「さがみ湖・森つくりの会」として独立し、今日まで活動を続けています。さらに2002年2月には、更に活動の幅を広げる事を目指して、NPO法人「緑のダム北相模」の設立申請を行い、2002年8月に認証を取得、「環境(森林)破壊という負の遺産を子孫に残してはならない」という理念のもとに、さがみ湖・森つくりの会を通して、森林整備ボランティア活動を続けています。又、新しい森林再生事業の創出にも力を入れています。そして、2005年から2015年まで森林管理の国際認証であるFSC、FM認証をボランティア団体として世界で初めて取得しました。
 更に、相模原市の行事にも積極的に参加し、町の皆さんとの交流とを深め、町の活性化にも協力しています。森林の中には、リフレッシュや癒しの効果のある成分が沢山含まれており、とても気持ちがよく、また健康増進にも役立ちます。私達のグループの活動に参加しませんか?

会の沿革について

2016年
組織と沿革
ForestNovaのOBOG会であるForesTo Class、活動開始
東京都市大学第4回中高生環境社会活動グループ実践賞
 最優秀賞、環境コミュニケーション賞(地球環境部)
第4回グッドライフアワード、環境大臣賞優秀賞
2015年
組織と沿革
FSC FM認証継続終了
知足の森、活動開始
2014年
助成金・補助金事業
国土緑化推進機構、一般公募事業・森林整備
2013年
組織と沿革
麻布大学と連携協力に関する包括協定
主催イベント
自然・文化がある幸せを次世代へ(国連大GEOC)
2012年
組織と沿革
コカコーラ環境教育賞優秀賞
かながわ力大賞特別賞
全国大学生環境活動コンテスト準グランプリ(ForestNova)
杉並区学校文化栄誉顕彰(地球環境部)
助成金・補助金事業
神奈川県もり・みず支援事業
22世紀やま・もり再生ネット(2016年度、継続中)
主催イベント
間伐材の積み木で東京駅舎をつくろう
2011年
助成金・補助金事業
国土緑化推進機構
主催イベント
第24回世界建築会議・UIA2011 東京チェアシティ展
2010年
組織と沿革
代表理事、石村黄仁氏就任
FSC FM認証、継続審査に合格
助成金・補助金事業
国土緑化推進機構
2009年
協働事業
相模原市民協働事業提案制度(2011年まで)
助成金・補助金事業
国土緑化推進機構
主催イベント
相模原市民桜まつり環境ゾーン(2016年度、継続中)
2008年
組織と沿革
国際ソロプチミスト協会・感謝状受賞
助成金・補助金事業
SPPサイエンスパートナーシッププロジェクト(東海大望星高校、2011年まで)
主催イベント
森づくり・モノづくりコンテスト(2011年まで)
2007年
組織と沿革
国土緑化推進機構・会長賞受賞
助成金・補助金事業
国土緑化推進機構
2006年
組織と沿革
代表理事、永井宏一氏就任
助成金・補助金事業
国土緑化推進機構
2005年
組織と沿革
FSC FM認証取得
小原本陣の森、活動開始
協働事業
かながわボランタリー活動推進基金21(2009年まで)
主催イベント
川崎ネイチャーフェスティバル(2009年まで)
2004年
助成金・補助金事業
世界自然保護基金
オルタナティブチャレンジネット神奈川
イオン環境財団
2003年
助成金・補助金事業
コメリ緑資金の会
損保ジャパン環境財団
世界自然保護基金
日本財団
イオン環境財団
2002年
組織と沿革
「緑のダム北相模」としてNPO法人化
代表理事、鈴木重彦氏就任
相模湖・嵐山の森、活動開始
助成金・補助金事業
セブンイレブン記念財団(2016年度、継続中)
国土緑化推進機構
1998年
組織と沿革
相模湖・森つくりの会として活動を開始