森をいかす>森をいかすコンテスト

間伐材の利活用案を表彰するコンテスト

 「間伐された木を使って製品化する」=「木を使って森を守る」ことをコンセプトに、すてきなデザインを募集したのがこのコンテストです。このコンテストは2007年から2011年までの計4回実施されました。
 本会でも「森林再生事業促進実行委員会」のメンバーとして、「森づくり・モノづくり」コンテストを企画運営・製品開発を行いました。

■第1回 間伐材を生かした「森づくり・モノづくり」コンテスト

応募作品平成19年10月7日より12月20日まで応募のあった作品数は下記の通りです。
「間伐材活用部門」 110点
「ランドスケープ部門」51点
「子ども部門」110点
コンテスト審査会平成20年1月30日・(水)2月2日(土)相模原市相模湖総合事務所別館会議室にて、厳正なる審査が行なわれました。
コンテスト表彰式
展示会
平成20年4月29日(祭日)「相模湖やまなみ祭」にて表彰式が、開催されました。
■第2回 間伐材を生かした「森づくり・モノづくり」コンテスト
応募作品「間伐材活用部門」139点
「ランドスケープ部門」82点
「子ども部門」93点
コンテスト審査会 平成21年1月16日(金)・17日(土)相模原市相模湖総合事務所別館会議室にて、 厳選なる審査が行なわれました。
コンテスト表彰式
展示会
平成21年4月29日(祭日)「相模湖やまなみ祭」にて表彰式が、開催されました。
■第3回 間伐材を生かした「森づくり・モノづくり」コンテスト
応募作品「間伐材活用部門」71点
「特別部門」15点
「ランドスケープ部門」20点
「子ども部門」 158点
コンテスト審査会 平成22年1月17日(日)・18日(月)相模原市相模湖総合事務所別館会議室にて、厳選なる審査が行なわれました。
コンテスト表彰式
展示会
平成22年4月29日(祭日)「県立相模湖交流センター」にて表彰式を開催されました。
■第4回 間伐材を生かした「森づくり・モノづくり」コンテスト
応募作品「間伐材活用部門」65点
「ランドスケープ部門」15点
「間伐材活用部門、子ども」20点
「ランドスケープ部門、子ども」158点
コンテスト審査会 平成23年3月18日(金)相模原市相模湖総合事務所別館会議室にて、厳正なる審査が実施されました。入賞者およびUIA東京大会出展候補作品が決まりました。
コンテスト表彰式
展示会
表彰式は、当初4月29日に予定しておりましたが、東日本大震災の関係からメインイベントが中止となり、同調して表彰式も執り行えなくなりました。従って今回のコンテスト表彰式は、9月25 日から開催される「UIA2011東京大会」の開催期間中に行いました。

UIA2011東京大会 チェアシティ展

 東京のまちには「座る場所がない」という外国人旅行者の嘆きをよく耳にします。そこでこの度、世界各国から1万人集まるといわれている2011年9月25日~10月1日実施の「UIA2011 東京大会」の文化行事の一環として、東京大会会場・東京国際フォーラムや周辺の路上や空地、関連イベント会場付近などで様々なデザインの原寸大の「チェア」を分散展示する「UIA2011 東京大会 チェアシティ展」を開催しました。第4回 間伐材を生かした「森づくり・モノづくり」コンテストでは今年開催される「UIA2011 東京大会 チェアシティ展」に入賞者の作品を相模湖・嵐山の間伐材で製作し出展しました。